参議院選挙が終わりました

  7/11の参議院選挙は、民主党が予想以上に議席を減らす結果になりました。与野党が逆転して、昨年の夏以来、ふたたびねじれ国会になりました。
 民主党が議席を減らした原因は、菅首相が消費税増税に言及したからだと言います。そうかも知れませんが、ではなぜ元祖・消費税増税の自民党が議席を伸ばしたのかと訝しく思います。また反面、従来から一貫して消費税増税に反対して来た共産党、社民党はともに1議席ずつ減らしました。こうした現象を見てみると、国民は単純に消費税増税に反対して民主党を避けたという訳でもなさそうです。
 国の抱える莫大な借金を何とかすべき、将来の社会保障の財源をどうするのかという2つの強迫観念は、それが事実を背景にしているだけに、現在の国民の心を大いに揺さぶっているのだろうと思います。そして「事業仕分けをやり遂げ、無駄を完全に排除するまでは」というのが、増税に反対したい感情を合理化するある種のモラトリアムとして「つっかえ棒」のように機能しているとすれば、将来のどこかで反動が来て、消費税増税に向けた議論が一気になし崩し的に加速するのではないかと恐れます。
 現在、そして将来の私たちにとってあるべき社会の姿を考え、それを土台に財源の確保の仕方を議論していくためにも、勉強しなくてはならないことは山ほどあると感じています。あるべき未来像を描けない事の方が、政治に無駄があることよりも、もっと本質的に問題ではないかと私は思います。

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< August 2018 >>

ELINECカウンタ

ブログパーツUL5

selected entries

categories

archives

recent comment

  • 売り上げを1兆2700億減らした社長の交代
    < `∀´ >
  • 下引いのすけ探索帳 「パワハラ解雇事件」
    同じ境遇の人
  • 売り上げを1兆2700億減らした社長の交代
    miew

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM